来年のブースター契約からわかる事!


 今年用にPfizerが1億9400万回、modernaが5000万回、AstraZenecaが1億2000万回。 合計3億6400万回

 来年用にPfizerが1億2000万回、moderna・武田が5000万回、Novavaxが1億5000万回。塩野義製薬?? 合計3億2000万回

新型コロナウイルスワクチンの「3回目接種」に向け、政府が米製薬大手ファイザー社と来年1億2000万回分の追加供給契約を結ぶことで大筋合意したことが16日、分かった。先進国を中心に2回目を済ませた人の免疫を持続させるための3回目接種の動きが拡大。政府も、現在進める1人2回の接種を終え次第、医療従事者や高齢者らから3回目を始める検討に入った。

国内で実用化されている新型コロナのワクチンは、2回接種で十分な免疫がつくとされる。ただ、発症や重症化を防ぐ効果がどの程度の期間、持続するかは必ずしも明らかではなく、感染力の強いデルタ株の出現もあって、免疫を強化する「ブースター」と呼ばれる追加の接種が必要との見方が政府内で強まっている。  政府は来年分として既に、米モデルナ社と国内供給を担う武田薬品工業との間で5000万回分の追加調達契約を締結。さらに今回のファイザー社との1億2000万回の追加契約で、来年は計1億7000万回分の確保が可能になり、国民の「3回目分」は十分カバーできる量となる。河野太郎行政改革担当相は16日の日本テレビのCS番組で「ファイザーもモデルナも今年2回打った方の3回目を打つのに十分な量のワクチンは確保している」と明言。ファイザーとも「供給の合意はできている。近々内容についてもお示しできると思う」と述べた。  政府は米ノババックス社とも1億5000万回分の供給交渉を進めているが、海外でもまだ実用化されていない。河野氏は「ファイザー、モデルナに何かあったときのためのバックアップ」とする考えを示した。  政府は今年分として、ファイザー社製1億9400万回分▽モデルナ社製5000万回分▽アストラゼネカ社製1億2000万回分――の契約を締結。中でもファイザー社製は、自治体接種を中心に最も多く使われている。  河野氏はまた同番組で、3回目接種の開始時期について「希望する方の2回接種をきちんとやった上で、3回目のブースターを考える」と説明。追加接種については、海外の事例なども踏まえ、免疫不全の人や、接種開始が早かった医療従事者、高齢者などから順に進める案が有力となっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/14db53f480e171aa791bae973f450033dd468abd

ここからわかる事として、来年は3回目だけじゃなくて4回目もあるってことだよね!

以前、「一度打ったら永遠にセッタネ!」って動画上げたけどあながちじゃなくなってきた。

来年のブースター契約からわかる事!” に対して3件のコメントがあります。

  1. 孫空 より:

    ブースター1回、2回、3回と回数が増えるごとに、血管内壁へのダメージが強くなり、血液が固まりやすくなったり、血管壁が破れやすくなります。自ら死へ近づいていっている。このままでは、本当に、人口が1,2割すぐ減りそうです。
    私は、注射は絶対しないですが、周りの職員ほとんどが注射しているので、居づらくなります。

  2. Ricky より:

    副作用が隠せなくなってきたら、今度は、副作用対策パッチワクチンがでてくるんじゃない。
    出来の悪いPCーOSみたいに。

  3. ゆう より:

    これからの インフルやらガン予防など これ使うんですかね
    ラウンドアップ 抗がん剤 何でもかんでも 日本で処分なんでしょうね。
    妊婦さんも時期を選ばない とか言ってるし

    国民を自由にして、政治家 マスゴミなどを自粛させて‼️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。