ワクチン後の救済初めて29人に認める みずほ銀行 またシステム障害


新型コロナワクチン接種後の健康被害を訴えた29人に対し、厚生労働省は医療費などを補償する方針を決め、新型コロナワクチンで初めて救済を認めました。  新型コロナワクチンでは接種後の副反応で病気になったり障害が残ったと国が認めた場合には、予防接種法に基づいて医療費などの補償を受けることができます。  

19日、厚労省の専門部会は接種後、急性のアレルギー反応(アナフィラキシー)などを発症したとして申請のあった男女41人について審議し、このうち29人に医療費や医療手当の補償を認定しました。  新型コロナワクチンで救済が認められたのは初めてで、今後、田村厚労大臣が正式に認定するとみられます。  残りの12人は保留とされましたが、厚労省は引き続き時間をかけて丁寧に審議するとしています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/78b7a29b2fb7ca9640a5a0360881a7658996474a

みずほ銀行 またシステム障害

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210820/k10013213541000.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。