新型コロナワクチン…接種後の後遺症相談が増加


新型コロナ感染拡大防止の切り札とされるのがワクチンですが、実は、ワクチン接種後の副反応だけでなく、しばらく時間が経った後に現れる「後遺症」に悩む患者からの相談が増えているといいます。

島根県松江市にあるクリニック。 福田内科クリニック 福田克彦副院長 「今、巷やメディアで報じられているのは急性期副反応でありまして、発熱があるとか腕が痛いとかは想定内の反応なんですね」 福田克彦医師は1年半ほど前からオンライン診療で、県内外のコロナ感染患者や感染の疑いのある患者など、およそ500人の診察にあたっています。ワクチン接種後の副反応を訴える患者からの相談が増えているといいますが、福田医師が注目するのは、接種直後ではなく、1週間以上経過してから症状が出る患者の増加です。

これは接種1回目、2回目のどちらでもあるといいます。 福田内科クリニック 福田克彦副院長 「私が強調したいのは、1週間後の色々な精神症状であるとか倦怠感、うつ、場合によっては自殺企図など、遅発性の後遺症と私は呼んでいます」 ワクチン接種後の「遅発性後遺症」。倦怠感などが長引く不調のほか、中には重い発疹が出るケースもあると言います。 福田内科クリニック 福田克彦副院長 「皮膚症状は急性期の接種直後に出ることが多いが、中には1、2週間経って蕁麻疹症状や蜂窩織炎や帯状疱疹あるいは後遺症がみられます」 さらに、コロナに感染した患者が治療を終え、退院してから1か月程度経った後に症状を訴える人も増えていると言います。 福田内科クリニック 福田克彦副院長 「肺の陰影が消失して炎症反応が陰性なられた方でも、呼吸困難や動悸、息切れ、就学・就労が以前のようにできないで困って苦しんでいる方は少しずつ増えてきています。いわゆるコロナウイルス感染後遺症と呼んでいます」 福田医師は、こうした患者に対しては年単位での経過観察が必要だと訴えます。 福田内科クリニック 福田克彦副院長 「ウイルス感染の後遺症、さらに遅発性のワクチンの副反応有害事象への長期的な対応、これは1週間ということではなく1か月、あるいは1年、2年、長期的にフォローして観察していく必要があると思います」

https://news.yahoo.co.jp/articles/3a174c844d12c8ffc54c1d4f6804b2e2ddb01d8a

https://news.yahoo.co.jp/articles/378c59271ad3c5ba4e593d55d1319ba732543bc6

相模原市教育委員は19日、市立小中学校などの夏休みを当初の計画の24日までから31日まで1週間延長すると発表した。新型コロナの感染拡大が止まらないためで、感染状況によっては学校単位で再延長する可能性もある。

 各校では2学期に向け、教職員のワクチン接種を進めてきた。市教委教職員給与厚生課によると、教職員約4800人の67%にあたる約3220人が希望し、24日までに2回目の接種を終える。だが、夏休み中に感染する児童生徒が増加。1学期に1日平均0・9人だった感染者が5・6人と6倍になり、夏休み延長を決めた。2学期に分散登校やオンライン学習を活用することも検討している。

 鈴木英之教育長は「学校は学びと生活の場。教育活動を学校で続けたいが、先の見えない状況なのでその都度の判断になる」とした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1e66e577ff42fe3ef6cefdafe41294bcbe203876

 新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大は、保育施設にも影響を及ぼしている。各園とも園児の感染防止に知恵を絞るが、全国100か所超が休園に追い込まれた。自宅療養中の子どもの看病などで保護者が出社できなくなるケースが増えており、支援に乗り出す企業もある。

 「感染対策を尽くしているつもりだが、園児が発熱すると、コロナ感染ではないかとヒヤッとする」。0~5歳児約190人が通う「墨田みどり保育園」(東京都墨田区)の市川麻美園長(70)は硬い表情で語った。(写真:読売新聞)

 園児が教室を移動する際は手洗いをさせ、食事中は机を板で仕切って飛沫(ひまつ)を防ぐ。玩具は広範囲に置き、集まって遊ばないようにしている。二酸化炭素濃度の測定器も設置し、こまめに換気する。しかし、周辺の保育施設で休園が相次ぎ、気が抜けない状態が続く。

 厚生労働省の集計では、12~18日の1週間で、10歳未満の新規感染者は7738人と過去最多。第4波のピーク(5月13~19日、1613人)の5倍近くになった。今月5日時点の休園数も、第4波(最大56園)の約2倍の14都道府県108か所に上る。

 東京都東部の保育園では今月上旬以降、園児と職員約10人の感染が明らかになり、クラスター(感染集団)化した。女性園長は「最初に感染が判明した職員は常時マスクをし、食事も園児と別の場所でしていた。保健所から『濃厚接触者はいない』と言われていたのだが……」と肩を落とす。

 都北区保健所の前田秀雄所長(66)は保育施設での感染拡大の理由としてデルタ株を挙げ、「感染力が強いため、手洗いや換気などの対策をしていても、子ども同士で感染が広がってしまうことも多い」と指摘した。

 12歳未満はワクチン接種の対象外。厚労省は2歳未満のマスク着用について、窒息などの危険性があるとして推奨しない。保育施設で他の園児と距離をとって行動するよう教えても理解が難しく、十分な感染対策が取れないこともある。

https://tocana.jp/2021/08/post_218616_entry.html

「接種した人々がこれほど多くコロナになる理由」研究論文が話題:抗体依存性増強(ADE)

新型コロナワクチン…接種後の後遺症相談が増加” に対して2件のコメントがあります。

  1. ラズベリータルト より:

    勤めている保育園で、ついに子供に陽性者が、出ました。保育園側は、保健所の指示を待って「誰か?を追求しない」と保護者宛のメールで、休日の私には、(未接種)保護者宛のメールしか来ない…今の所、なんの症状も出ていないのですが、自分の免疫を信じてます。7月から8月にかけて1回目を受けている保育士が、ほとんどなので、2週間のピークで、どう反応するのか?です。私は、打っていないので、陽性者となっても自分で、戦う!

  2. garden rose より:

    私は 福田先生と同じ県です。
    7月末、松江で コロナワクチン講演があり参加してきました。
    「未来ある子供達のために」というタイトルです。

    井上正康 大阪私立大学名誉教授
    谷本誠一 呉市議会議員
    福田克彦 福田内科クリニック副委員長 他の方。
    で行われました。

    井上先生は このワクは血栓をつくる事が問題。DNAを書き換える、、。
    画像を使っての説明。

    谷本議員さんは PCR検査のインチキを語っておられました。

    福田先生は自分が相談役で 父親が接種している、、。

    を話しておられました。

    南高校も受け持っている、、とも言っておられました。

    大体、この講演会は このワク危険、打ってはダメ 子供達を守る講演なのに

    本来なら、良識のある先生なら 高校でもワクの危険性を説明して

    受ける必要ないからと諭すべきなのに、、。

    そしてクリニックでも ワク受け付けない、スタッフも打たない

    をアピールしなければいけないのに、、と疑問を持って聞いていました。

    ワク打って儲けて 又 副反応受診で儲けている。

    大体このワク 打ってはダメ、 ワクぐらいはご存じだろうに、。

    ワク打って儲け、副反応受診で儲け、テレビで発言、、

    信用出来ませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。