金属異物は磁石がくっつく!他のロットにも混入!イギリスで因果関係を認める!


厚労省の「使用中止」以前にモデルナワクチン接種、30代の2人死亡…異物混入と同じ工場製

 米モデルナ製ワクチンに異物が混入していた問題で、厚生労働省は28日、使用中止を求めたワクチンを以前に接種した38歳と30歳の男性2人が死亡したと発表した。接種と死亡との因果関係は不明で、今後、有識者検討会で評価する。

 発表では、2人はいずれも、異物が見つかったものと同じスペインの工場で、同工程で作られた製造番号「3004734」のワクチンを2回目に接種した。

 38歳の男性は今月15日に接種し、翌日に38・5度の発熱があった。17日に下熱したが、18日に自宅で死亡が確認された。30歳の男性は22日に接種し、翌日は発熱で仕事を休んだ。回復した24日は出勤し、帰宅後に就寝。25日朝に死亡が確認された。

 異物が混入していた番号「3004667」では、25日時点で9件の副反応疑いが報告された。死亡した2人が接種したものは13件で、もう一つの同工場・同工程の番号「3004956」はゼロだった。

 検討会部会長の森尾友宏・東京医科歯科大教授は「副反応疑い報告の状況や異物の性質、身体への影響の可能性などについて情報収集に努め、慎重に評価を行う必要がある」としている。

 厚労省は三つのワクチン163万回分が863か所に配分されたと発表したが、889か所に訂正した。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20210828-OYT1T50284/

モデルナ異物混入ワクチンがぞろぞろ判明…埼玉県では6月に発見&回収されていた

 新型コロナワクチンの米モデルナ製の一部に金属片とみられる異物が混入していた問題にはゾッとする。田村厚労相は27日の会見で「早急に原因を究明し、モデルナ社と(国内流通を手掛ける)武田薬品工業に再発防止を対応してもらわないといけない」と発言。SNS上では〈怖すぎるよ~!〉〈打ちたくないなぁ〉と当然のリアクションが広がっているが、異物混入ワクチンはそれ以前から国内で見つかっていたことが判明。問題はさらに拡大する恐れがある。

  ◇  ◇  ◇

 厚労省が異物混入を公表したのは、ロット番号「3004667」(出荷量約57万回分)のワクチン。同じラインで製造された「3004734」(同約52万回分)、「3004956」(同約54万回分)についても混入の疑いアリと判断し、3ロット計約163万回分の使用中止を自治体に要請した。そのうち50万回分強が既に接種済みだった

この3ロットが全国の自治体に供給されたのは7月末以降。一方、埼玉県では少なくとも6月時点で異物混入ワクチンが見つかっていたのだ。

 県によると、6月から8月中旬までに確保した計7万2800回分のモデルナ製のうち、280回分から異物が見つかった。そのうち190回分は、7月末以降に供給された「3004667」。6~7月末に届いた90回分は全くの別物なのだ。

「『3004667』とは別のロットだったことは間違いないが、具体的なロット番号は把握できておらず、公表できない」(県ワクチンチーム)

 薬剤師でもある県職員らによる事前チェックで、接種前に国内販売元の武田薬品工業に全てを回収させて事なきを得たという。

 厚労省は3ロット以外の異物混入について「確認できていない」(予防接種室)というが、他の地域にも供給された可能性は否定できない。異物が混入したとみられるワクチン製造工程は滅菌性が確保されている上、筋肉注射のため異物で血管が詰まるリスクはないとしているが、本当に大丈夫なのか。

 昭和大医学部客員教授の二木芳人氏(臨床感染症学)はこう言う。

「瓶に混入していた異物が無機物である金属片なら、確かに大きな問題はないかもしれない。また、目視できるほどの大きさなら注射器の針で異物を吸い上げることもないのでしょう。しかし、現時点ではどんな経緯で異物が混入したのか、異物は本当に金属片だったのか、ハッキリしていません。調査段階にもかかわらず、『問題ない』と言って接種を進めるのは順序がおかしい。政府は早期に調査を進めて答えを出し、国民の不安を払拭した上で接種を再開すべきです」

 ワクチン一本足打法の菅首相がイラついている姿が目に浮かぶようだが、「安全・安心」がまず先だ。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/293978/3

塩つぶサイズのチップを注射で埋め込み 超音波で電力供給と無線通信実現

 米コロンビア大学とオランダ・デルフト工科大学の研究チームが開発した「Application of a sub–0.1-mm3 implantable mote for in vivo real-time wireless temperature sensing」は、超音波で電力供給と無線通信を行う超小型の温度センサー搭載シングルチップだ。総体積0.1立方mm以下という、塩つぶやダニに匹敵するサイズで、注射針で体内に移植し、生体信号のモニタリングを目指す。

体温、血圧、ブドウ糖、呼吸などの生理的状態を監視する体内埋め込み型医療機器は、何百万人もの人々の生活の質を向上させている。  これまでの埋め込み型医療機器は、一般的に複数のチップ、パッケージ、ワイヤ、外部トランスデューサーが必要で、バッテリーも多く必要としている。  研究チームが開発したシングルチップシステムは総体積0.065立方mm 。サイズは食塩の粒やダニに匹敵し、顕微鏡でないと見えないほどの小ささだ。このサイズを実現するために、超音波を利用したデバイスへの電力供給と無線通信の両方を行った。  従来のRF通信では電磁波の波長が大きすぎるため、このような小さなデバイスでは通信ができなかった。超音波なら電力供給や無線通信が行える。  デバイスには、低消費電力のカスタム温度センサーチップと、その上にマイクロスケールの圧電振動子を設置。これにより超音波エネルギーを利用した電力供給と、後方散乱を利用してデータの伝送が行えるようになった。  実験ではマウスの脳と後肢の2箇所に埋め込み、温度検出性能を評価した。坐骨神経に刺激を与えたマウスの脚の温度上昇を局所的に測定するための実験も行った。脳と後肢への埋め込みは、頭部や脚を切り開き挿入。1-nW以下の消費電力で50-mK以下の温度分解能と精度を示したという。  皮下注射針でチップを埋め込む実験も行った。マウスの大腿骨のすぐ下にある坐骨神経を狙って生理食塩水とともに注射し、後で切り開いて確認したところ、坐骨神経のすぐそばに配置しているのを確認した。  将来的には、皮下注射針で人の体内に注入したチップが超音波を使用して体外と通信し、局所的に測定した生体情報を取得できるようにするという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f5c63d19572d1f7180edec26d5dcaf6dafa6fc0c?fbclid=IwAR3BXA6sNQXgG6Dq-OQM4ewTI8t8oQCzqsBSdHDEy0oSCypQ37E0QvZsXuE&s=09

金属異物は磁石がくっつく!他のロットにも混入!イギリスで因果関係を認める!” に対して3件のコメントがあります。

  1. キラ より:

     さっき、岡本貴晶さんの動画を観て驚きました。ニコニコに繋がりましたが…アメリカの州での発言です。

  2. 孫空 より:

    情報として読んでください。真偽は、分かりません
    ウイルスが病気を引き起こすという科学的証拠はどこにもありません。ウイルスは体の中で形成され、システムを洗浄するために使用されます。外部から感染したウイルスが体内に入る唯一の方法は、注射です。ワクチンに含まれるような、注射されたウイルスに対する免疫系の反応が、免疫系に悪影響を及ぼし、病気や時には死を引き起こすのです。繰り返しになりますが、覚えておくべき重要な真実は、….「細菌説」は誤りであるということです。ウイルスは体内で生成されるものであり、体外からやってくるものではありません。ウイルスは生きていません。ウイルスは伝染しません。ウイルスは、人と人との間で感染することも、種と種との間で伝達されることもありません。- ステファン・ランカ博士 – ウイルス学者 (Breaking News: ウイルス学者がデマのパンデミックに警笛を鳴らす – ウイルスは伝染しない – ステファン・ランカ博士) https://wp.me/p19seq-7Ru

  3. 孫空 より:

    アメリカの話ですけど 2021年8月28日(土)投稿
    速報です。アメリカの最高裁判所が、コビッド病原体はワクチンではなく、安全ではなく、全力で回避しなければならないという判決を下しました.
    大手製薬会社とアンソニー・ファウチは、ロバート・F・ケネディ・ジュニアーと科学者グループが起こした訴訟に敗訴した!
    ビル・ゲイツ氏、米国の感染症専門医ファウチ氏、大手製薬会社は、過去32年間のすべてのワクチンが市民の健康にとって安全であることを証明できず、米国最高裁判所での訴訟に敗れました! この訴訟は、ケネディ上院議員が率いる科学者グループによって起こされたものです。ロバート・F・ケネディJr .は「新しいCOVIDワクチンは絶対に避けるべきだ」と述べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。