ワクチン副反応 病院からの報告は減少へ 1.2億回 7000万人

ワクチン副反応 病院からの報告は減少へ 1.2億回 7000万人” に対して4件のコメントがあります。

  1. 孫空 より:

    東京都医師会の会長は、ワクチンではなく、全てのコビド患者がイベルメクチンを接種する時が来たと言う。

  2. 孫空 より:

    海水療法
    ルネ・カントンをご存知でしょうか。彼が実施した海水療法は、「現代医療」より効果あると思います。
    フランスの生理学者ルネ・カントン彼は、1907年、初めてのクリニックをオープンしてから、血液の濃度まで薄めた海水を病人に輸血し、1910年までにフランス国内で約70ものクリニックを開け、50万人以上の命を救った。
    当時流行っていたコレラ、チフス、リンパ腫など様々な病気に海水注入療法を用い、病気の赤ちゃんや子供を持つ母親達からはもちろん、フランスの著名人の間でも尊敬の眼差しで見られるようになった。
    一夏に何千もの赤ちゃんが死んでしまうエジプトでもうわさとなり、ルネはエジプトでも治療を施し始めた。
    愛犬の血液を海水と入れ替え、実験前より生き生きとなり、海水が血液と同じ組成で、働きも同じであることを証明した。
    体重が5キログラムの犬に同量の海水を犬の血管に注入した。(90分かけて、犬に海水約3・5リットルを注入した。)犬は腹部がふくれ、グッタリして体温も下がり、腎臓排泄機能も弱まり、生命活動が低下していった。ところが、注入も終わるとすぐに体温が上がり、生理作用は回復した。実験5日後にはすっかり回復し、元気を取り戻した。体重も元に戻った。
    海水によって、細胞生命は完全な状態で生きることをカントンは証明したのである。
    第二の実験は、体重10キログラムの犬の血液を瀉血法で抜き取り、極限まで血を抜いた後に、前回同様、海水を注入するということである。つまり、極限まで血液を抜き取り、次に同量の海水を注入すると、どのようになるかという実験である。(大量出血した患者に、海水で輸血したことと同じである。)
    以下が観察された。
    ①白血球の増加 
    ②感染に対する抵抗 
    ③急速な活力回復 
    ④赤血球の急速再生
    カントンは以下の衝撃事実を証明したのである。
    「海水は生体内部の機能に働きかける優れた性質を持っている」
    この公開実験は、世界中のメディアで取り上げられ、大反響を巻き起こした。

    1. なると より:

      カントンの奇跡は知っています。
      船瀬さん内海さん著書「血液の闇」にも書かれています。

      http://www.newage3.net/2020/11/19/%E8%BC%B8%E8%A1%80%E3%81%AE%E9%97%87%E3%80%80%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%A7%E3%82%82%E3%81%BE%E3%81%A0%E7%8C%AE%E8%A1%80%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B%EF%BC%9F/

      <引用>
      以下が観察された。
      ①白血球の増加 
      ②感染に対する抵抗 
      ③急速な活力回復 
      ④赤血球の急速再生
      カントンは以下の衝撃事実を証明したのである。
      「海水は生体内部の機能に働きかける優れた性質を持っている」
      この公開実験は、世界中のメディアで取り上げられ、
      大反響を巻き起こした。
      次にカントンは 「白血球が海水中で生きる」 ことを実験で証明しようとした。
      使われたのは、
      ①哺乳類(犬、人、ウサギ) 
      ②両生類(カエル) 
      ③爬虫類(トカゲ) 
      ④魚類(テンチ) 
      ⑤鳥類(ハト)である。
      実験は成功した。①~⑤の動物も、海水に浸された白血球は、正常を保っていた。
      つまり、「もっとも過敏な細胞の一つである白血球を、体内で血液と入れ替えた海水中でも生かしうる。」 ということを証明したのである。
      そこで結論は、「海水こそ、生命を生かす源である」 ということである。
      カントンの実験は世上では絶賛されたが、学界からは猛烈な反発が巻き起こった。
      既成学者は、本能的にカントンの登場に反感を抱いたのである。逆風の中、カントンは新しい一歩を踏み出した。
      それが、「海水療法」である。
      「血液を海水に入れ替えられた犬は、活力が増した!」
      「海水には生命力を活性化させる作用がある」
      と確信したカントンは、次のように考えた。
      「多くの病気の原因は、人体の内部環境のバランスの乱れにある」
      「海水の注入によって、損なわれたバランスを元の状態に復元する」
      「局所に現れた病気を治療することが可能だ」
      この病気への見解は実に画期的だった。
      カントンの方法は、当時の医学界の寵児だったパスツールとは正反対のものだった。
      つまり、病因をピンポイントで攻撃するパスツールの医学に対して、
      カントンの医学は、生体の全体的な素質の復元を目指すものだからである。
      近代医学は、「症状」を「病気」と捉える誤った発想である。
      だから、対症療法として薬物療法が主流になってしまったのである。
      「症状」とは「病気」が治ろうとする「治癒反応」である。
      だから薬物で「症状」を止めるほど「病気」は慢性化していく。つまり悪循環である。
      これに対してカントンは、病気の原因を、生体的な素質の悪化にあるとして、「症状」を「病気」が治ろうとする現れと捉えるのである。
      近代医学は、パスツールを称賛し、カントンを黙殺した。
      その理由は、「ただの海水で、病気が治っては儲からない」 からである。
      「海水で病気を治す!」信念は、臨床現場で次々と証明されていった。
      ①チフス  → 昏睡状態の腸チフスの末期患者に海水を静脈注射すると、患者はみるみる回復し、死の淵から生還した。
      ②自殺未遂→ 服毒自殺を図った若者も海水を大量静脈注射で見事回復した。
      ③肝硬変 →  重症の肝硬変患者に「海水療法」を施すと、2週間後に退院できるまでに回復した。
      ④遺伝病 →  遺伝病を持つ母親たちに出生前治療として「海水療法」を施すと、遺伝疾患を持って生まれる子はゼロになった。「海水療法」の原理は、体質改善なので適応も驚くほど広い。
      ⑤小児疾患→  コレラ様腸炎、乳幼児中毒症、胃腸病、乳糖不耐症、栄養障害、梅毒、湿疹
      ⑥成人   →  肺結核、消化不良、皮膚病、婦人病、精神障害、神経症、急性中毒、筋無力症、うつ病、不眠症、老化、拒食症、貧血症、骨粗そう症
      これらは、「海水が、血液の代替になる」ことの証明である。
      特筆すべきことは、ロックフェラーの主治医である
      ホメオパシー医師が「海水療法」を取り入れて いるということである。
      「海水療法」こそ、輸血に代替する究極療法であり、輸血、血液製剤は、近代医療の最大の失敗である。
      輸血は、年間約200万人の患者に実施されている。
      ある研究者は副作用で約10万人が殺されていると推計している。
      悪魔的な吸血ビジネスにも「海水療法」は終止符を打つことができるのである。

  3. つるちゃん より:

    こんばんは!
    脱毛の写真を見て抗がん剤の副作用を思い出しました。
    スペインの研究チームが発表した内容で個人的に絶句したのは(傘下ぐらまるは細胞の中のミトコンドリアを爆発させる)でした。
    何故ならミトコンドリアがバンしたら人間もバン・・・
    摂取した酸素や栄養素が細胞内ミトコンドリアに届き、ATP(アデノシン三リン酸)を産出して、これが生命を維持させる物質だからです。脱毛症状もミトコンドリアが壊されつつあると理解できます。
    私は、後2ヶ月位して、多くの人が本当のこの世界の真実、枠の真実を知った時が怖いです。例え一時的でも、怒り、失望で暴動が発生する可能性もあるかと思います。
    サロンメンバーで知恵を出し合って解毒と修復の道筋を見つけて提供出来ればどんなに救いになるかと思います。
    日本人は昔から(なあなあ、まあまあ)民族と言われていますが、私も、テレビのニュースを見ていた頃は、すべからく色んな事件などに、何故もっときちんと原因を追求して対策を取らないんだろう?変な処で妥協する、、、、、とイラっとしてました。
    でも、言霊研究の七沢賢治さんの話では、この答えは(日本語)にあると聞いたことがあります。
    日本語を話すときに発する言葉の波動、周波数が脳に振動して日本人特有の思考、感情形成に関係するそうで、欧米人でも日本語をよく話す人は日本人的な思考脳になっていくそうです。
    日本人は右脳民族で、例えば秋の虫の音を聴いて秋の風情を感じ、欧米人は同じ虫の音を聴いても(うるさい!殺せ!)となるそうです。日本を(にほん)と読んでも(にっぽん)と読んでも通用するこのような国は無いと言ってました。
    新文明は日本(和の世界?丸の世界?)から始まる素晴らしい民族のはずですが目覚めるまでもうちょっとですか・・・・・ね?
    自分が実践して効果を感じた方法は数日前のブログ(モデ枠に異物混入)に追加記入させて頂きましたが、補足で飲み水とお風呂をちょっと変えるとより効果が上がると思いました。
    (商品名きららの石➡販売元フォーユー・愛知県安城市)
    日本アルプスの限られた場所で取れる石英石でトルマリンの30倍?の遠赤外線を放出して水の分子が細かくなり水自体が活性化して細胞内に吸収されやすくなる。まず、この水をたっぷり飲んでから
    同様に、きららの石をお風呂に入れてお湯を沸かし(40度位)20分位浸かると遠赤外線効果で体の芯まで温まり、サラサラの汗と共に体内毒素が出やすくなるそうです。
    重金属等は+の電子イオンで細胞内にくっついているので、細クラスターでマイナスイオンの水をしっかり飲んで、きらら風呂でしっかり毒を出すの繰り返しでそれなりの効果が出ると思いますが如何でしょうか?
    (生きた水は腐らない)と聞いたことがありますが、私もガラスのポットにきららの石と水を入れたまま9ヶ月位放置し飲んでみました。全然美味しく、すぅ~と入っていきました。
    活性水は凄いと感じました。
    あと、ネッテン株式会社販売のゼトックスの更にバージョンアップした物も(名前を忘れました、、、、)販売開始したようです。
    どなたかのご参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。