インド軍人多数倒れる!2回済みは13倍感染しやすい イスラエルではブースター(3回目)接種後にパスポートを発行へ!


https://bonafidr.com/2021/08/28/%e6%ac%a7%e7%b1%b3%e3%81%ae%e4%b8%bb%e6%b5%81%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%82%82%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a%e3%83%af%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%b3%e3%81%ae%e5%8a%b9%e6%9e%9c/

https://mainichi.jp/articles/20210830/k00/00m/030/162000c

「マスク反対」新党誕生 コロナがあぶり出す「権利制限」への反発

「移動の自由を苦労して勝ち取った私のような者にとって、こうした制限は絶対に必要な場合にだけ正当化されるのです」。ドイツのメルケル首相が2020年3月、演説で述べた言葉だ。新型コロナウイルスの感染が拡大する中、当時のドイツは周辺国との国境を封鎖。首相はその際、移動が制限されていた共産圏の旧東ドイツで育った自身の体験を語ったうえで、規制について国民に理解を求めた。率直に自身の思いを述べたこの演説は当時、国内外で反響を呼んだ。

 だがドイツでは規制への反対論も根強い。20年7月には、マスク着用などの規制強化に反対する「草の根民主主義党(草の根党)」が誕生。党員数は現在約2万5000人で、9月26日の連邦議会選(総選挙)にも候補者を複数擁立する。

 この党の結党前、私はベルリンで規制反対派のデモを取材したことがある。現場では他人と距離を取らないデモ隊が警官に拘束される度にブーイングが起きていた。私権の制限に反対という弁護士の30代女性は「達成されるべき目的と、権利制限のバランスは検証されるべきだ。だが実際はそうなっていない。それを問題提起したかった」とデモ参加の理由を話していた。

https://brandnewtube.com/watch/all-vaccines-on-hold-germany_kAE2KQqxzNTyLhz.html

ドイツは全てのC19ワクチンを停止し、安全ではなく、もはや推奨できないとしている! ドイツは2週間の一時停止を行い、国民に与えられた損害を反省することができた。ワクチンのライセンスは一時停止された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。