衆議院解散総選挙と自民党総裁選とアフガニスタン情勢


https://www.asahi.com/articles/ASP91051GP80UTFK027.html

解散の有無にかかわらず、10月5日公示、10月17日投開票の衆議院選挙は確定のようだ。

ここで、①9月中旬の解散宣言、②解散権を行使せず閣議決定で日程を決める「任期満了選挙」の2通りがあるが、①の可能性が極めて高いと私は考えている。

菅総理の支持率は30%を切っている。この状態で総裁選挙をやれば、岸田氏に交代の可能性もでる。もちろん選挙をやれば50~100議席を落とし結果的に責任論で交代となるだろうが、時間稼ぎはできる。

来週9/5-9/11にも首相は党役員人事を行う。政調会長、総務会長、二階幹事長、選挙対策委員長の4人を交代して刷新し支持率上昇を狙うらしい。

これを得て解散というシナリオがメインシナリオだろう。野党は9/7-16の臨時国会を開催するように促したが拒否した。しかし、解散となれば、そのためだけの臨時国会が開催されるのだろう。

前回の2017年では9/28が解散日、10/10が公示日、10/22が選挙だった。改選数465の内、自民党は284、与党で313 今回50-100議席落とすなら、自公で過半数233は死守できるだろうがきわどい数字になると予想する。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210831/k10013233751000.html

アメリカのバイデン大統領は声明を発表し、アフガニスタンからのアメリカ軍の撤退が完了したと発表しました。これによって2001年のアメリカ同時多発テロ事件を受けて始まった「アメリカ史上、最も長い戦争」とも言われるアフガニスタンでの軍事作戦に終止符が打たれることになりました。

アメリカのバイデン大統領は30日、声明を発表し、「アフガニスタンでの20年におよんだアメリカ軍の駐留は終わった」として軍の撤退が完了したことを明らかにし、「アメリカ史上、最も長い戦争」とも言われる軍事作戦の終了を宣言しました。この声明の発表に先立ち、アフガニスタンを管轄するアメリカ中央軍のマッケンジー司令官は、緊急の会見を開き、アメリカ東部時間の午後3時29分にアフガニスタンの首都カブールの国際空港から最後の軍用機が離陸したと発表しました。武装勢力タリバンの報道担当の幹部ムジャヒド氏は最後のアメリカ軍の部隊が現地時間の午前0時、日本時間の午前4時半にカブールの空港を離れたとして「わが国は完全に自由になり独立した」とツイッターに投稿しました。

衆議院解散総選挙と自民党総裁選とアフガニスタン情勢” に対して3件のコメントがあります。

  1. 花巻ゆみ より:

    こんばんは。
    アフガニスタンに残留されてる500人は日本大使館で働いていらっしゃったアフガニスタン人とその家族500人だそうです。

    日本人は12+1人は退避されてるとのことですが
    昨日の朝のテレビで、残されたアフガニスタンのスタッフの方が、他国は大使館で働いていたアフガニスタン人の職員も全員退避させたのに、日本は助けてくれなかったと無念そうにおっしゃってました。

    タリバンが外国人と仕事をしていた人々を捕まえているとのことで、恐怖に怯えていらっしゃるようでした。
    日本のために働いていた職員を見殺しにするような日本政府を恥ずかしく思います。

    トップダウンで人を動かせない、菅総理の情けなさが露呈していますね。

    1. なると より:

      https://www.fnn.jp/articles/-/232014
      そのようですね。訂正しました。ありがとうございます。

  2. つるちゃん より:

    こんばんは!
    先日、友ーTubeで北村弁護士が在外日本人の救出にあたる自●隊法の改正について、内容を述べて激怒されていました。過去にも自国機を送ることが出来ず、トルコが飛行機を日本人救出用にチャーターして日本人を助けて頂いたことがありました。
    なんか情けないですね。
    戦争時も、学徒動員とか特攻隊の名のもと上の連中は逃げて、若い命が沢山散っていきました。
    個人的な意見ですが、なんか本質が変わってないのかなぁと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。