『四季報クラブ(資産倍増クラブ)』の概要


日本の将来性のある企業に長期投資を行うサークルです。また、海外株や海外債券、投資信託も投資対象に含みます。

日本の教育では投資についてほとんど行われることはなく、誤った解釈を持っている人が多いです。少なくとも今の社会では銀行にお金を100円預けると1年間の金利は10円です。定期預金でも20円です。利回り0.002%ですが、一方で上場4000社で配当5%以上出している企業は50社もあります。配当4%以上の会社は100社以上あります。

高配当株5%以上のものを長期で保有する方法はそれだけで銀行預金より5000倍の価値があります。高配当株以上に魅力的なのは成長株でそういった銘柄を探し出すクラブです。

一方、世界的に物価高が続いています。2%のインフレが日本でも始まっています。0%金利なのに、2%インフレでは資産は目減りします。これをメディアや教育では誰も教えません。

投資は悪で危険という解釈はレバレッジ投資に手を出すからです。

実はNISAやiDeCoなどの企業年金で負ける投資家はほぼいないのです。間違った投資をしなければむしろやらない方がリスクがあることを知りましょう。

銀行で5%の金利が付く定期預金があればあなたは一部の資金を移動するでしょう。なのに、個別株投資に悪いイメージを持つのは、お金=悪と捉えすぎている面があります。もちろん長期投資なので現物日本株限定です。ETFや先物やFXや仮想通貨の売買は禁止しています。

YouTubeで個別株企業分析の動画を最近は取り上げていませんが、2020年にYouTubeで取り上げた個別銘柄のパフォーマンスは軒並み上昇しています。

7095 マックビーブラネット 4000から9000へ2.25倍
4395 アクリート 700から2100へ3倍
6254 野村マイクロ 2000から5500へ2.75倍
6533 オーケストラホールディングス 1500から3500へ2.33倍
3697 SHIFT 10000から22000へ2.2倍
7033 MSOL 1200から3000へ2.5倍

以下はそれ以前に紹介したものです。

3464 プロパティエージェント 1.5倍

7816 スノーピーク 2.2倍

3923 ラクス 4.5倍

6532 ベイカレントコンサルタント 12倍

これらのような銘柄は今でも多数眠っています。四季報による銘柄選定方法は『日本株投資四季報クラブ(資産倍増クラブ)』にて教えています。

また、 『日本株投資四季報クラブ』 はより双方向コミュニケーションを重視しています。四季報分析から将来性ある企業を発掘し、応援したい日本の中小企業を自ら導きだせることを重要視しています。

<注意>
・現物株の長期投資のみ(信用取引は禁止)を売買します。
・ETFや商品先物やFXや仮想通貨の取引も禁止とします。
・自ら銘柄を発掘できる力を育成します。各人で選んだ銘柄を皆さまで分析します。
・情報に惑わされない、頼らないで投資する力を身に着けます。
・全体地合いは幅広い知識、眼力と情報収集能力が大切です。これは私の講義で指南いたします。
・あくまでもクラブ活動の認識から、メンバー同士で将来有望な銘柄を探すことが目的です。


<資産倍増クラブ活動の詳細>
・ZOOMによる月3回の定例会議(1回2時間)
・年3回程度(四半期ごと)のセミナー(別料金、メンバーは割引あり。)

・その他、勉強会、企業訪問、懇親会などを検討。

<資産倍増クラブ活動費用> 月額コース9980円 入会金は1万円  半年コース58000円 1年コース110000円 (いずれも税込み表示)

※銀行振込のみ対応 

※半年コース・1年コースは入会金が0円 

入会は随時いつでも可能です。興味がある方は直接ご連絡ください。

なると g.t.naruto777@gmail.com

日本株式投資『四季報クラブ(資産倍増クラブ)』にご入会希望の方は以下のフォームにご入力をお願いします。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。