8月の変死250人で過去最多の背景は。 主要都市の5Gエリアが広がってきている。


・8月の変死遺体「最多250人」感染

・内訳は自宅等218人+外出先32人

・7月の「31人」から一気に急増

・昨年3月からの変死合計817人

・東京が112人で最多

・年代別では50代が74人で最多

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6404372

医療機関以外で体調が悪化するなどして死亡した人のうち、新型コロナウイルスの感染者は8月に250人いたことが警察庁への取材で分かった。7月の31人から急増し、これまで最多だった2021年1月の132人を大幅に上回った。 警察庁によると、20年3月以降、警察が取り扱う変死などの遺体のうち、一部でコロナ感染が確認されるようになった。今回で計817人となる。  250人の内訳は、自宅や高齢者施設、宿泊施設などの「自宅等」が218人。それ以外の「外出先」が32人だった。PCR検査で生前にコロナの陽性が判明していたのは132人、死後に感染が分かったのは118人だった。  29都道府県で確認されたが、東京が112人で最も多く、埼玉23人▽神奈川22人▽大阪20人▽千葉19人――と続いた。年代別では、50代が74人で最多で、70代41人▽60代40人▽40代34人▽80代28人▽30代23人▽20代5人▽90代4人▽10代1人――だった。男女別では男性184人、女性66人。  死因別では、病死が216人。コロナによる死亡は158人、肺炎が29人などだった。病死以外では事故などが22人、未確定が12人。

https://japanese.engadget.com/kddi-5g-010452395.html?2

KDDIは「鉄道路線5G化宣言」の第2弾として、山手線と大阪環状線の駅間における5Gエリア化を完了しました。

駅間の5G化にあたっては、4Gからの転用周波数帯も活用。加えて、中央・総武線、京浜東北線、埼京線、西武新宿線の計47駅のホームでも、市中からの対策によって5Gネットワーウの構築を完了しました。これによって、4路線47駅のホームで5Gサービスを利用できるようになります。

engadget

また、乗降客数の全国上位80駅を中心とした商業地域80箇所(札幌大通り・新宿・福岡天神など)において、5Gサービスが利用可能になったこともあわせて発表しました。

engadget

KDDIは2021年度末までにJR・私鉄を含む関東21路線、関西5路線の主要区間のホーム、駅間および駅構内での5Gエリア化を目指しており、鉄道沿線別の5Gエリアもウェブで公開しています。

8月の変死250人で過去最多の背景は。 主要都市の5Gエリアが広がってきている。” に対して1件のコメントがあります。

  1. かん助(カンチャン) より:

    なるとさん。初めまして。
    精神科で看護師をしている者です。
    いつも、貴重な情報ありがとうございます。

    僕が言うのもなんなんですが、危険な情報も扱ってはると思うので、なるとさんも気をつけてください。
    応援してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。