恒大集団 子会社を別の不動産会社が買収か 岸内閣発足もご祝儀相場なし


https://mobile.twitter.com/bluelov51504284/status/1444530432976965633

こうだい

 経営危機に陥っている中国の不動産大手「恒大集団」と子会社の株式取引が香港市場で一時停止されました。香港メディアは、中国の別の不動産会社が恒大の子会社を買収すると報じています。  香港証券取引所はけさ、恒大集団と不動産管理を行う子会社「恒大物業集団」について、株式の売買を一時停止すると発表しました。自動車関連の子会社については、取引が継続されています。  香港メディアは関係者の話として、中国の別の不動産会社が「恒大物業集団の株式51%を買収する予定」と報じました。買収額については、400億香港ドル、日本円でおよそ5700億円になるということです。この不動産会社についても、香港市場ではきょう、取引が停止されています。(04日15:44)一部を表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。