ネオニコチノイド系の農薬が生態系を壊す


淡水と海水が混じる汽水湖として日本で3番目に大きい島根県宍道湖で生態系が崩れている。(塩水濃度は海水の1/10)

ワカサギやウナギが激減している。

1993年からだ。何があったのか。

1994年からいきなりゼロになった。

現在はシジミが主流になった。

ワカサギだけでもかなりの収入があった

ウナギも同様。グラフの青線

地元の宝だった。

東大の山室教授 2019にサイエンスに発表した。

シラスウナギが減ったという説は間違え。1993年から全国で減っていない。

こういう激減は殺虫時しかない。

ネオニコチノイド(通称ネオニコ)はニコチンに似た新しいタイプの殺虫剤。虫の神経を麻痺させ殺す

1993年に登録され急激に使われ今は主流になっている

人体への影響は少ないとされている

特徴は、長く作用する。 神経毒性、浸透性、残効性

農家にとって散布回数を減らせる。

カメムシ、ウンカの被害を減らせる

アセタミプリド、ニテンピラム、ジノテフラン、チアクロプリド、イミダクロプリド、クロチアニジン、チアメトキサムの7種類

動物性プランクトンも1993年から激減。ワカサギの餌とされる

トンボも同様。ヤボからトンボになる抜け殻の数が激減。ウチヤマンバも激減

全国で激減。ミツバチも大量失踪した。

低い濃度のネオニコでも影響が大きかった。

人への影響も懸念が出ている

神戸大学の星教授

無毒性量(これ以下ならあらゆる影響はないと国が定めた量)でのマウス実験では、異常な心配症の動きをしている

泣いて怖がっている。

不安でしょうがない。

行動も明らかに異常であった。壁のない通路には出てこなかった。

世界初の実験だった

脳神経科学の木村博士

人への影響は調べようがない、だからわからない。後から毒性が分かる

ニコチン同様に人の影響がある。ラットでの実験で分かる

広汎性発達障害、自閉症との相関がみられた

EFSA(欧州食品安全委員会)でも一定の評価が出た

欧州はもともと5種類 4種類を禁止。1種類を規制強化

ニコチンとは違いすぐに尿により排出されない。

徐々に体内の濃度が上がる

農水省、農薬対策室は取材に対し、「提出した試験成績に基づき、科学的に安全が確保されている農薬だけを登録している」

農薬工業会 国際的ガイドラインやっている

佐渡ではネオニコの使用を2011年にやめた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。